第5回福島大学環境放射能研究所成果報告会
お気軽にお問い合わせください
024-504-2114
[受付] 9:00~17:00(土日祝休)

プログラムProgram

ホーム > プログラム

3/15(金)シンポジウム 避難区域の再生~現状とこれから~

13:00-13:05 開会あいさつ
13:05-13:35 リスク評価とコミュニケーションを通じた福島復興への貢献:環境と社会をつなぐ 高村 昇
(長崎大学教授/福島大学環境放射能研究所副所長)
13:35-14:15 福島の避難区域の環境放射能…何が起きているか? コノプリョフ アレクセイ
(福島大学環境放射能研究所 教授)
通訳:脇山義史(福島大学環境放射能研究所 講師)
14:15-14:25 休憩
14:25-14:55 原発周辺地域における魚類の放射能汚染の現状と漁業の復興状況 和田 敏裕
(福島大学環境放射能研究所 准教授)
14:55-15:25 被災地域における農地環境中の放射性セシウム濃度と内部被ばく線量 塚田 祥文
(福島大学環境放射能研究所長/教授)
15:25-15:40 質疑応答
15:40-15:45 閉会あいさつ

3/14(木)Oral session

13:00-13:10 開会あいさつ
13:10-13:30 西部北太平洋と縁辺海における表層海水中放射性セシウムの2018年までの長期挙動の研究
Long term behavior of radiocaesium in surface water in the western North Pacific and its adjacent seas until 2018
青山道夫、浜島靖典、猪股弥生
Michio AOYAMA, Yasunori HAMAJIMA, Yayoi INOMATA
13:30-13:50 2017年夏季までの北太平洋における福島第一原子力発電所事故由来の放射性セシウムの東方への輸送
Eastward transport of Fukushima-derived radiocesium in the North Pacific by summer 2017
熊本雄一郎、青山道夫、浜島靖典、村田昌彦
Yuichiro KUMAMOTO, Michio AOYAMA, Yasunori HAMAJIMA, Akihiko MURATA
13:50-14:10 福島沿岸の海底付近での放射性セシウムの動き
Behavior of radiocesium near the seabed in the coast of Fukushima
乙坂重嘉、青野辰雄、福田美保
Shigeyoshi OTOSAKA, Tatsuo AONO, Miho FUKUDA
14:10-14:30 海底堆積物中の高セシウム粒子の局在性について
Localized occurrence of radiocesium-rich microparticles in seafloor sediment
神田穣太、伊籐友加里、石丸隆
Jota KANDA, Yukari ITO, Takashi ISHIMARU
14:30-14:40 休憩
Break
14:40-15:00 新田川流域における除染が及ぼす土砂および137Cs動態への影響
Influences of decontamination works on sediment dynamics and 137Cs behavior
in the Niida river basin
恩田裕一、山中邑樹、谷口圭輔、脇山義史
Yuichi ONDA, Yuki YAMANAKA, Keisuke TANIGUCHI, Yoshifumi WAKIYAMA
15:00-15:20 出水時における阿武隈川の溶存態および懸濁態137Cs濃度の変動
Variations in dissolved and particulate 137Cs concentrations in the Abukuma river water during a freshet
脇山義史、アレクセイ コノプリョフ、グエン トア、難波謙二、塚田祥文、ヴァレンティン ゴロゾフ、
マーク ジェレズニヤク
Yoshifumi WAKIYAMA, Alexei KONOPLEV, Nguyễn THOA, Hirofumi TSUKADA,
Kenji NANBA, Valentin GOLOSOV, Mark ZHELEZNYAK
15:20-15:40 福島県内の河川における溶存態セシウム濃度測定
Measurement of the dissolved radiocaesium concentrations of river water in Fukushima prefecture
谷口圭輔、新井宏受、竹内幸生、吉田博、藤田一輝、恩田裕一
Keisuke TANIGUCHI, Hirotsugu ARAI, Yukio TAKEUCHI, Hirofumi YOSHITA,
Kazuki FUJITA,Yuichi ONDA
14:40-14:50 休憩
Break
15:50-16:10 森林放射線生態学調査における進捗状況と課題
Progress and challenges in the forest radioecology studies
ヨシェンコ ヴァシル、難波謙二、恩田裕一、カシュパロフ ヴァレリー、ホリアカ ドミトリー、
吉原利一、渡辺嘉人、高瀬つぎ子、永田広子、渡邉憲司
Vasyl YOSCHENKO, Kenji NANBA, Yuichi ONDA, Valery KASHPAROV,,Dmytrii HOLIAKA, Toshihiro YOSHIHARA, Yoshito WATANABE, Tsugiko TAKASE, Hiroko NAGATA, Kenji,WATANABE
16:10-16:30 福島第一原子力発電所事故後の表層および森林土壌におけるヨウ素-129の現状について
The I-129 situation in land surface soil and forest soil systems after the FDNPP accident
楊国勝、田副博文、塚田祥文、山田正俊
Guosheng YANG, Hirofumi TAZOE, Hirofumi TSUKADA, Masatoshi YAMADA
16:30-16:50 福島県森林集水域における放射性セシウム濃度と外部被ばく線量評価
Evaluation of External Exposure Dose and Relationship with Radiocesium Activity Concentrations around the Forest Catchmentssity
青野辰雄、矢島千秋、長谷川慎、神林翔太、山村充、山田裕
Tatsuo AONO, Kazuaki YAJIMA, Shin HASEGAWA, Shota KAMBAYASHI, Mitsuru YAMAMURA,
Yutaka YAMADA
16:50-17:10 アカネズミ雌性生殖システムに対する放射生物影響
Radiobiological influences on female reproductive system of Apodemus speciosus
中村織江、石庭寛子、大沼学、玉置雅紀
Orie NAKAMURA, Hiroko ISHINIWA, Manabu ONUMA, Masanori TAMAOKI
17:10-17:30 福島第一原発の周辺でコケ植物に蓄積された放射性セシウムの時空間的解析とその遺伝的影響
Spatial analysis of radiocesium concentrations in bryophytes and genetic effects of radiation  around Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant
嶋村正樹、ディアナ リオス-ポベダ、井上侑哉、小栗恵美子、出口博則、シャリファ ナビハ、奥田敏統
Masaki SHIMAMURA, Diana RIOS-POVEDA, Yuya INOUE, Emiko OGURI, Hironori DEGUCHI,
Sharifa NABIHAH, Toshinori OKUDA
17:30-17:50 質疑応答
Q & A
17:50-18:00 閉会あいさつ

3/15(金)Poster session

 10:00-13:00  ポスター発表 コアタイム
Core Time 10:00-12:00

ポスター番号 奇数番
Odd number 10:00-11:00
ポスター番号 偶数番
Even number  11:00-12:00